EVENT

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

尊い鍵 【Key】レポ

11/24(SAT) 【Key】無事終了致しました。 



今回のPick-Up DJは 


Mizkiiさん、SaRさん、GORI君の3人。 




そして、FOOD担当として 


もうPivoteでは、おなじみになって来ました 


ガラムマサラ☆ばっくぱっかーのタカミドリ君。 





この4人が主役。 




俺(RYOTA)と、Tune君がサポートDJ。 




この【Key】と言うのは 


かつてのBUBBLEの音楽維新を基本コンセプトにしてます。 



【若手育成】 





場数を増やす事が、若手育成にもなるんですけども 



誰も居ないフロアでのオープニングDJとかだと 



本当の意味での"場数"になるのかな?と、個人的に思うので 




Pick Up DJには、メインの時間でPLAYして貰う様にしてます。 




OPEN: Tune, LAST:RYOTAって具合にね。 




先輩DJが、メインタイムは回さないんです。 




その分、若手DJ達には、PLAYでの課題や、目標を与える様にしています。 






今回、GORI君とSaRさんには 



僕なりの[DEEPな曲でのLOWの入れ替え方法]を教えました。 



言葉では、難しいのでココでは書きませんけど。 




練習の始めこそ、手こずってましたが 


反復練習で、徐々に解る様にもなってきましたね。 




当日のPLAYでも、それは各所に感じれ 



以前の"ただMIXする"のでは無くて 


曲・音の鳴りを考えての 


[曲に彩りを与える]事は出来てきたのではないかな。 




GORI君の選曲は、HOUSEだけでは無く 


HIP HOP等も使用してたんだけど 


MIXと、選曲の良さが出て来て、良い感じでしたね。 





SaRさんも、DEEPでHARDなMinimalをベースに男っぽい展開でした。 


選曲能力では、俺よりも上だなと、素直に思っています。 



このまま、[女の子らしい選曲]では無く 


[自分らしい、自分にしか出来ない選曲]を求めて行って欲しいです。 



応援してます。 





そして今回は、MizkiiさんにはMIX-CDを配布する事を課題にしました。 



しかも彼女にとって【人生初のMIX-CD】でした。 




鋼鉄の翼では、SaRさんが人生初のMIX-CDを配布したので 



今回は、Mizkiiさん。 





CLUB PLAYでは、どうしても"思い出"になってしまうけど 



作品は、一生残るからね。 





最終的にMIX録音は、前日になったんですけど 



Mizkiiさん1人で、フロアでずっと、時間と自分自身と格闘していました。 




録音が終わったのは、午前3時過ぎ。 




そこから、僕がPCでマスタリング作業。 




30分かけて、完成させたのですが、 



書き出し中に、俺の手違いでPCの電源を落としてしまい 



もう一度、最初からマスタリング。。。 



マジ参った。。。。 




ジャケも梱包も、彼女自身がデザインしました。 





製本を渡された時には、ビビったね。 





俺の想像を遥かに越える、素晴らしい出来でした。 




CDを手にした人達には、Mizkiiさんの努力だけでは無くて 



彼女らしいセンスと言うのも知って頂いた気がします。 





Mizkiiさん、初MIX-CDおめでとう。 








タカミドリ君のカレーも好評で 



カレー目当てに、OPENから来場するお客様も多く 


2杯食べる方もいらっしゃったし 


[遅くなるから、予約したい!]と言う方もいらっしゃいました。 



回を重ねるごとに、手際も、味も、上達している気がするし 


今回は、ジャスミンさんもカレー専用ウエイトレスとして 



お手伝いして頂けたので、スムーズな感じでした。 



みんなが、食べている姿が、自分の様に嬉しく思いました。 





そして 



Tune君のPick Up DJ達がやり易い空間になる様なオープニングDJ。 




皆それぞれの、色々な鍵で、自分の未来への扉を開ける【鍵】がありました。 





それは、STAFFや、お客様の中でもそうでした。 




受付:呼煙魔の、日々努力した 


自身の新作CDの先行販売があって、しかもそれが好評だったり。 


それも、呼煙魔が【鍵】を持って、扉を開けて来た結果。 



先日、同じ様に日々格闘し 


オリジナルのCDをリリースしたHIPHOPの二人組も 



ジャンルが違う【Key】の扉を開け 


フロアでDJ達が表現する音に、反応していた【鍵】 




女1人でCLUB?って言う事に、すこし抵抗を感じながらも 


DJの努力を知っていて、その努力を耳に焼き付けようと 


オープンからラストまで、フロアで踊ってていた【鍵】 





言葉、気持ちの行き違いで、疎遠になっていた音仲間。 


素直に[ごめん]と、お互いの閉ざした扉を開けた二つの【鍵】 



大切な人をサポートする為に、なれない、苦手な、告知を懸命にする【鍵】 



脱サラして、新しい、そして自分らしい人生の道に進んだ【鍵】 



人生の門出を迎えた【鍵】 



日々、仕事を懸命にして、久々に時間が出来て元気な笑顔を見せてくれた【鍵】 






そして 



【Key】に出演するDJを、応援しようと、 


入り難いPivoteの扉を初めて開けた【鍵】 





確かにあの夜には、沢山の【鍵】が集まった。 






俺は、鍵なんて持たずに、扉はぶっ壊して、蹴り破って来たから 



その【鍵】が、とても美しく光って見えた。 





みんな、忘れないでください。 





人生には、色々な壁がある。 



自分自身の心にも、壁を持っている。 





でも、それは【壁】じゃね〜んだよ。 




【扉】なんだ。 




【鍵】を手にすれば、楽に開ける事が出来るんだ。 





そんな、みんなの未来へ 



俺なりに、何か音でメッセージが贈れないかな?と思って 



あんな選曲で、あんなPLAYにしてみました。 





俺、楽しそうだったでしょ? 






どんな瞬間でも 



楽しみながら努力出来れば、人生は面白いんだよ。 






この人生1度きり! 




過去は果敢ない"陽炎" 


未来は所詮"蜃気楼" 


だから今、この瞬間を"頑張ろう" 







これが【虎の穴の流儀】

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック