EVENT

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Pivoteのこだわり

CA3E0463.jpg
ども! 働かないオーナーことRYOTAです。

昨夜は、平日ながらも

メインフロアを解放し

ハウスダンサーさん達のダンスレッスン?

ダンスバトルが繰り広げられました!

(皆様、ダンスレッスンにも御使用下さいね!)

そこで

[色々とこだわってますね〜]と

お褒めの言葉を頂いたので


まぁこのブログにて


そのこだわりを紹介していこうかなと。


ただの自慢話だっていう(笑)


内装を手掛けたのは


[kei craft]と言う内装業者さん


僕の親戚だっていう(笑)

なので、僕のお願いに最大限応えてくれて


しかもクオリティーが高い!



まず今回は、メインフロアの

DJブースですが


DJブース・スピーカー・DJさんが立つ床の土台は
別々のコンクリートで立ち上げています。

全て独立してるんすよ。

何故?


それは、アナログレコードを使用する際に

最も気を付けたい


[ターンテーブルへの振動を少なくする]と言う点です。


CDを使用するDJが多い現在では

そこまでやらなくても良いのですが


Pivoteでは、アナログ文化を残していきたいので!

(僕もアナログレコードしか使用しないので)



振動が針から伝わり


ハウリングを起こす様な
DJブースでは


お客様に名曲の良さをお届け出来ないかなと。


DJブースのテーブルも


肉厚の板で、奥行き・幅も贅沢な位


大きくしています。


常設のDJミキサーはパイオニア800ですが


Ureiなどのミキサーが


すっぽりとハマる様に


テーブルをくり抜いてあります。



なので


[最近、アナログレコードを良い音で使用出来ない]と



お悩みのDJの方々


是非、一度体感してみて下さいね〜!



今回の自慢話はこの辺で‥




シュー!

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック