EVENT

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

1/14(SAT) 【 匠 】 成象 & DENKA

赤ぱみゅぱみゅ 

青ぱみゅぱみゅ 

黄ぱみゅぱみゅ 





言えた? 言えた?? 




むずいよね(笑) 





ども、僕です。 




昨夜 1/14(SAT) 



予測不明PARTY 



【 匠 】2012"冬"が開催されました。 



まぁ、前回の日記で色々思いは伝えたので 



レポってみる。 





ってか 



如何だったでしょうか?? 




オープンからDENKAのDJ-PLAY(笑) 



本人も 


「何年振りだろうな〜〜〜」って笑ってました(笑) 



タイムテーブルは、ある程度簡単な時間割を教えて 



後は、全て僕の指示と言う感じ。 




まぁ、2回転させようぜ〜!って事。 




まぁ、彼らのDJについて 



今更、語っても意味ないし 



皆さん、ご存知でしょ? 





でも、その"ご存知"を良い意味で裏切り 



良い意味で納得させて貰えたんじゃないかな?? 




まぁ〜あれが 




【 匠 】って事!!! 






面白かったのは 



オープン前から 



お客様がゾロゾロ入って来ちゃうし 



しかも 


水戸の音響マニアの大先輩が 


勝手にサウンドチェックに乱入してきて 


俺の仕事ぶりや、機材などをチェックしていました。 


大体のセッティングが終わると 


一言 


「RYOTA君は、今でもちゃんと音に愛情を持ってるんだな」と 



「今夜は、来て良かったよ」と言って頂きました。 





その後も、早い時間から 



"かつての夜遊び仲間"とか、"現在の音好き"とか 



成象さんクラスの、SOULやHIP HOPの伝説のDJ達等 



遠くは他県からも、ご来場下さいました。 




皆様、Pivoteの空間や音質を気に入って頂けたし 



「ここでPLAYしたいね」と言って頂けたりもしました。 




それに 



お客様より頂いた 



「夢の様な企画有難うございます」等の 



多くのお言葉を頂き 



改めて 


オープン当初から変えずに 


STAFFと共に感じながら 


STAFFと共に求めて来た 



「Pivoteらしく」 


「信頼されるよう空間」と言う場所に 



ゆっくりだけど、着実に 



進んで来たんだな〜と思えました。 




そして 



なによりも 



こんな現代のCLUBシーンに逆行してるようなアングラなPARTYを 



期待し 


貴重な時間を割いて集まってくれるお客様が 



現在も尚、生き残っている事が嬉しい。 



成象さんファンがDENKAのPLAYを 


DENKAファンが成象さんのPLAYを 


フロアで感じてくれていたみたいだしね。 




PARTYの最後の成象さんのPLAY-TIMEで 



DENKAは 



ずっと、ずっとフロアで 



揺れながら聴いていた。 




DENKAは、やっぱり昔と変わらない 




"ただの音好き"なんだよね。 




そんで 



俺達が 




なにも考えずに 



目を閉じ 



身体に伝わる 



【聴いた事の無い曲達】の 



1音1音に揺られ 



1音1音に踊らされている時の 



DJブースには 




今も昔も【 成象 】が立ってる。 





俺もDENKAも成さんも 



笑っちゃう位 



変わんね〜〜〜って事だね(笑) 





俺らただの 


"イカレタ音好き"なんだね。 






そんで 


いつも俺のワガママな、無茶ぶりの企画に 


協力してもらっている、成象さんには感謝してます。 






次回 


【 匠 】を開催するのか? しないのか? 


それは、皆様【お客様次第】 





赤ぱみゅぱみゅ 

青ぱみゅぱみゅ 

黄ぱみゅぱみゅ 


3回、噛まずに言える人が 



30人になりましたら 




開催致します。 





練習しといて〜〜〜〜〜〜〜〜! 

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック