EVENT

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

1/28(SAT) KEY レポ



1/28(SAT) NEW-PARTY
【KEY】が終了致しました。 




改めて 



【Pick Up DJ】 


Mizkii / PaG / SaR 



【Food (カレー)】 


ガラムマサラ☆ばっくぱっかーことTAKA 



皆様、お疲れ様でした! 






開催までの道程は 



皆さん色々な事があったと思いますし 



大変な事もあったと思います。 




でも、皆様自身でKEYを考え 



皆様で協力し合っている姿をみれて 




企画して良かったな〜と思いました。 




Mizkii君のジュエリー展示とかも 




彼女自身が考えた事で 




当日の、どう置くのがカッコいいのか?とか 




全てHI-Gや、出演者達自身が考えたモノでした。 





僕は、ただ「それで良いんじゃね〜の?」って感じだったしね。 





適当な主催者です(笑) 






いや! 



みんなのやりたい事を、やらせてあげる 




大きな心があるって事で、ご理解下さい(笑) 







カレー販売も、オープンから順調だったね。 





スパイスの調合もオリジナルだし 




辛味も幾つか選べると言う、簡略的になるPARTY FOODでは無くて 



あくまでも、美味しいカレーを提供したいという気持ちがこもっていた。 




みんな、美味しそうに食べてたもんね。 




そして 



ゆったりと始まるPARTYも良いな〜と思う。 



だって 



オープニングDJの"1曲目"から 





きちんとお客様にお聴かせ出来るのだから。 






これは、前回も書いたけども 





成象さん企画の【Utopia】のモロパクリなので 





許可をしてくれた成象さんに感謝しておきます。 







オープニングのサポートDJのTUNEは結構良かったと思う。 



本当に、この男は色んな意味で"優しいなぁ〜〜〜〜"って思う。 





このKEYは、TUNEが居なければ成し得なかったPARTYだと思っている。 









そして 



「PaG」
さん 




リラックスもしてPLAYしている気がしました。 



DJとして、しっかりしたな〜〜って印象(笑) 



そんで 



選曲能力は、すげー高いね。 




コレはホント! でも気づく人は少ないだろうね〜〜〜! 





それでも結構、冒険してたけども 



不快な流れはあまり感じなかったしね。 




その冒険心溢れる選曲と 




要所要所で出てくる、キレイな上モノのメロディー物がテーマの[希望]を感じましたね。 





そして 



「SaR」
さん 





一番、短期間で、ガラッと変わった人なんじゃないでしょうか。 



虎の穴に来た当初は、硬いけども、穏やかな流れだったけど 



KEYでは、かなりパワフルになった。 



そう感じているお客様も居るのではないでしょうか? 





しかも、難しいドラムの打ち方をする曲も使ったりしてたけど 




守らずに、終始攻めている感じにテーマの[希望]を感じました。 





僕と同じTECHNO DJなので、少々厄介な存在になりそうです。。 




そして 




「Mizkii」
さん 






最近の彼女は、結構貫禄あるPLAYをするんですよね〜。 



立ち振る舞いにも手先にも余裕も感じるし 



選曲には素直さを感じるし 





そして何より、DJ以外の部分でも 



KEYのコンセプト理解し 




自分なりのKEYを表現していた。 




[ただ参加する]のでは無くて 




自分で参加する意義を見つけ出す気持ちはすごく好感を持てます。 



PLAYする曲、身につける宝石 



その全てが=(イコール)の関係で 



それに打ち込む、ひた向きな姿にテーマの「希望」を感じました。 









----------------------------------------------------------- 



まぁ、今回の企画は 




ちょっと幾つかの[狙い][実験]をやりました。 






告知はフライヤー、NETのみで、個別の勧誘はしない。 




(もう一度、フライヤーの力を取り戻したいと言う気持ちから) 


(友達に声をかけるのもスゴイ大切な事ですからね!) 





各出演者の置きチケ制度の廃止。 


(誰が何人とか、面倒だし..) 


(みんながちゃんとしてれば、こんな制度必要じゃないし) 






ディスカウント方法も 


ある仕掛けを作ってシークレットで行ってみました。
 




まぁ、KEYメンバーの全ての日記、最後のに[ある方法]を書き記した。 


(読まずにイイネ!とか、コメントあるけどきちんと読まない人ってのが、どれ位居るでしょう?) 


(感受性があれば、絶対に読むはずだから、読んだ人だけにサービスするって作戦ね) 



タイムテーブルの発表はしない。 


(KEYを持って扉を開けた人だけが、知る事が出来るって意味) 


(PARTYタイトル/メッセージとの統一感ってヤツね!) 




等、普通のPARTYではやらない方法をとりました。 




カッコつけて言うと 




「DJがお客様を呼ぶのではなくて、CLUB/PARTYのブランド力で呼ぶ」
と言う


昔の時代を呼び戻すって事。 







まぁ〜Pivoteオープン当初から 




僕の企画では全部同じ事をやってんだけどね。 








結果は 






来場者数と言うのでは「少なかった」 




でも、ほとんどのお客様が 




シークレットのディスカウント方法を知っていてくれたので 





感受性の高い人の割合は高かったので 



それならば、メッセージは伝わるのではないかな?と 



(まぁ解んないけどね。) 






なので 





狙い自体は、面白い事なのだろうと思う。 





まぁ〜 



どのみち、僕の企画ってのは 



時代には合ってないのだろうと思うけども 




僕自身が、納得した形にしないと意味が無いから。 








【 匠 】とは違うのだけど、同じ様なPARTYだと思っている。 







それは 



Pick Up DJ達が進む道が 




全て証明するのだろうから 





任せてみようホトトギス 

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック